移動平均法のグランビルの法則

投稿者:

アメリカの有名な投資分析家であるジョセフ・E・グランビルが考案した「グランビルの法則」。
「グランビルの法則」、移動平均線でのチャート分析を行ってみることは非常にいいことです。
分析を始める前に「グランビルの法則」について少し説明をしていおきたいと思います。

「グランビルの法則」とは、グランビルにより1960年に書かれた相場についての著書で、つまり、今よりも50年も前の取引手法となります。
「50年も前に書かれた古い手法が現在の相場に通じるのか?」こう考えられる方も非常に多いと思います。
この「グランビルの法則」は移動平均線を使うチャート分析の基本として、現在でも世界中のトレーダーにより学ばれています。50年間、そして今でも世界中で学ばれたこの法則は、プロのトレーダーで知らない人がいないと言っても過言では無いほど有名になっています。つまり、「世界中プロが知っている」、これが答えとなるでしょう。

グランビルが「グランビルの法則」で唱えたのは、「移動平均線の取引を行う際、8つの売買ポイントがある」と言う事です。この8つの売買ポイントは、買いポイントが4つ、売りポイント4つの計8つの法則からなり、それぞれマーケットの値動きと移動平均線の動き方で買い場と売り場を探す手がかりとなります。取引で経験を重ねていくと、この8つのポイントが「どれほど市場参加者に重要視されているのか」が自然と分かってくると思います。この売買ポイントについて、「知っていて使わない」のと、「知らないで使わない」のとでは雲泥の差が感じられる手法となるので、ゆっくりでも良いので是非暗記して頂ければと思います。

1件のコメント

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です