企業は常に競争を続けている

投稿者:

経営の「原理原則」は、どれだけ時代が変化しても、そう簡単には変わらないと考えている。経営理念の第一として、「顧客の要望に応え、顧 客を創造する経営」を定めている。十年後であれ、二十年後であれ、その理念を 第一に掲げ続けるだろう。

大切なのは、成功や失敗を通して、そうした経営理念の意義を繰り返し確認していくこと。どのような企業にも、経営理念がある。それは創業者が、事業の経験を通して、自分の夢なり、理想なりを、文字どおり「血肉化」していったもの。それが 空文化してしまえば、企業の業績は必ず低迷していく。韓国や中国の企業に比べて、とかく元気がないと評される日本企業。いちばん 悪いのは、時代の変化に鈍感であった経営者であるのは間違いない。それは戦後 の安定のなかで、経営者がサラリーマン化してしまったことに関係がある。すな わち、創業者精神の欠如。極論かもしれないが、もし松下幸之助や盛田昭夫のおうな人物が生きていたら、いまの日本のエレクトロニクス産業の苦境はなかったのではないか。テレビ 工場にしても、もっと早く海外に移転していただろう。会社を潰さないために、 必要な判断を必要なときに行っていたはずである。
 しかし、不振の責めを経営者だけに負わせるのは誤りだと思う。その責めは、経営幹部全員、あるいは社員一人ひとりにある。そもそも企業とは、明確な目標や目的、コンセプトを共有した集団である。社員一人ひとりがプロ意識に徹して、実績で勝負し、「勝つ経営」をめざす燃える 集団でなければならない。企業というものは立ち止まっていたら、一瞬で時代から取り残され、衰弱していってしまう。
企業は常に競争を続けている。
現状に満足して変化や挑戦を避けることは、その時点で負けを意味する。生き 残るためには、社員一人ひとりがベンチャースピリットをもたなければならない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です